未分類

ゲーマーのロマン、大型ゲーム機…中はパソコン 10万円~

ゲーマーのロマン、大型ゲーム機…中はパソコン 10万円~

1: コモドドラゴン ★ 2017/08/25(金) 07:53:09.68 ID:CAP_USER9.net
 「思い出のゲーム機が捨てられるのは耐えられない」。

 そんな思いから、東京都八王子市のパソコンリサイクル会社「いっとく」の永野間ながのま祐一社長(39)が、見た目は大型ゲーム機、中身はパソコンという変わり種を自作し、販売している。

 スティック状のコントローラーに複数のボタン。テーブル型のものから対戦用に2台並んだものまで。どれもゲームセンターにあるゲーム機と見た目は同じだが、起動すると、ウィンドウズのロゴが画面に映し出される。

 不要になったゲーム機を引き取り、パソコンを組み込んだ「パソケード」だ。ゲームセンターのゲーム機が「アーケードゲーム」と呼ばれることにちなんで命名した。

 コントローラーやボタンはパソコンの操作に使え、キーボードを接続すれば文字入力もできる。ゲーム好きでなくても興味をそそられる出来栄えだ。

 永野間さんは中学生時代、「ゲームをしたい」という思いを抑えて受験勉強に打ち込んだ。志望していた慶応高校には合格したが、その反動から、入学後はほぼ毎日、ゲームセンターに通うようになった。

 そうして大人になった永野間さんは、10年ほど前に初めて中古の大型ゲーム機を購入。思う存分遊んだという。「かつて店で遊んだ思い出のゲーム機を自宅に置いた時のドキドキ感は何物にも代え難かった」と永野間さんは話す。

     ◇

 永野間さんによると、近年は廃業するゲームセンターが後を絶たないという。重さ100キロを超える大型ゲーム機はなかなか引き取り手がなく、安価で売りに出されている。それでも買い手がつかないものは処分される。

 ゲーム好きが高じて大型ゲーム機まで購入した永野間さんにとって、処分されるゲーム機が不憫ふびんで、インターネットのオークションなどで大型ゲーム機を買い集めるようになった。知り合った業者からは次々と買い取りの依頼が来た。

 「自分が買わないと処分されてしまう。何とかできないか」。ひらめいたのが、同社の本業で回収したパソコンをゲーム機に組み込むことだった。

 永野間さんはこれまでにパソケードを50台作った。販売を始めたのは5月からで、価格は安いもので10万円ほど。問い合わせはあるが、実際に売れたのは1台。それでも、永野間さんは「大型ゲーム機が家にあるのは、ゲーマーにとってはロマン。情熱がある人に興味を持ってもらえればうれしい」と話している。

http://yomiuri.co.jp/national/20170824-OYT1T50075.html
no title

no title




続きを読む

-未分類